ヒーリングガーデン-サウンドヒーリングでリラックス-









Home >> サウンドヒーリングのご案内 >> サウンドヒーリングの効果

サウンドヒーリングの効果

身体の中リラックスするための音楽
音薬小川のせせらぎや小鳥の声を聴き心をなごませた古代の人々が、その自然の音を再現するところから生まれたのが「音楽」だといわれています。古来、音楽は様々な儀式や病気の治療のために使われていました。ギリシャ時代の哲学者たちも「音楽によって魂が宇宙や自然と調和する」と考えていたようです。

ヒーリングガーデンのリラクセーションプログラムでは、ヒーリングバイブレーション(体感音響機器)用に作曲されたオリジナル音楽を使い、身体の中心に位置する7つのチャクラを活性化することを目的に、心と身体の両方に音楽のバイブレーションを伝えていきます。音楽とヒーリングバイブレーション(体感音響機器)の響きが身体の内側から緊張をゆるめ、心の深い部分が活性化されます。身体の細胞一つひとつに音の響きが伝わり、深いリラクセーション効果が得られます。

※CD『音薬』のご購入は[ショッピング]ページでどうぞ。


ヒーリングバイブレーション「音薬」の脳波トポグラフィに及ぼす影響

α波のなかでも、α1は8〜9Hz、α2は9〜12Hz、このデータでは顕著にリラックスしている状態を表現しています。リラックス度が深く、θ波(4〜8Hz)レベルに導いてくれます。
ヒーリングバイブレーション「音薬」の脳波トポグラフィに及ぼす影響

ヒーリングバイブレーション「音薬」の自律神経機能(MV)に及ぼす影響

MV(マイクロバイブレーション)は自律神経機能を客観的に評価する方法で神経医学、心身医学関係ではよく使われています。θ波優位の場合は、交感神経緊張型(手に汗にぎる状態、瞳孔が開く、筋肉がこわばる状態)といえます。MVの評価よりヒーリングバイブレーション(体感音響機器)は、交感神経緊張型の人をα波優位の正常型にする変化がみられ、いわゆるリラックスした状態に導きます。
ヒーリングバイブレーション「音薬」の自律神経機能(MV)に及ぼす影響  
このページのトップへ
Copyrights © 2006-2009 Healing Garden All Rights Reserved    Produced by ホームページ作成 サロン