テーマ「社会におけるサウンドヒーリングの役割」


未来医療への架け橋

日時:2010年6月27日(日) 午後1時から4時 (開場・受付12時30分より)

会場:女性と仕事の未来館4F 第1セミナー室
〒108-0014 東京都港区芝5-35-3(JR田町駅より徒歩2分)
電話03-5444-4151

主催:サウンドヒーリング協会

参加費:協会会員(セラピスト会員・ファシリテーター会員)
3,000円/当日3,500円
一般4,000円/当日4,500円

定員:50名(事前予約制 定員になり次第締め切らせて頂きます)


参加ご希望の方はeメール(サウンドヒーリング協会事務局( info@sound-healing.jp )にて
『研究会申込』と記し、参加者氏名、参加人数、
住所、電話番号をご記入の上、6月14日までにお申込みください

※後日、当日の詳細をご連絡いたしますので、返信メールを必ずご確認ください。

お問い合わせ:サウンドヒーリング協会事務局 03-3441-6796


<研究会について>

12:30〜 開場・受付開始                   

13:00〜 開会の言葉 中村泰治 昭和大学名誉教授(サウンドヒーリング協会会長)  

13:10 〜 特別講演「セロトニンと音の神経科学」       
       有田秀穂 医学博士(東邦大学 医学部 統合生理学教授)
       サウンドヒーリング協会アドバイザリーブレイン

1415〜 活動報告                
      ・「サウンドヒーリングで広がる喜びの輪・人を美しくする音と心」
       江藤澄子 潟Aイル専務取締役・サウンドヒーリング協会認定セラピスト)

      ・「婦人科医療におけるサウンドヒーリングの役割」
       ペンシルバニアからの風 Skypeにて米国から実況参加   
       Sharon Czebotar (鍼灸師 サウンドヒーリング協会認定セラピスト)

15:00〜 休憩10分 

1510 感謝とご報告 喜田圭一郎(サウンドヒーリング協会理事長)
       米国の補完代替医療現場でのサウンドヒーリングの役割

15:30〜 サウンドヒーリング コンサート&ワークショップ 
       「Resonanceレゾナンス」
       ニーニャ(ボイスプレイヤー) 村松友里愛(クリスタルボウル奏者)

16:00   閉会

注)終了時間が多少前後する場合や、発表内容やタイトル等に変更が発生する場合もございますので
   ご了承下さい。